名刺作成ネットTOP  > 名刺エディタの使い方

名刺エディタの使い方

画面説明

名刺エディタの画面構成です。

位置名称機能
部品リスト編集画面に表示されている文字や図形、写真の一覧表です。 部品名をクリックすると編集画面の部品が選択されます。
編集画面ここで名刺を作成します。画面上の部品をクリックすると選択状態になり、選択枠が表示されます。 部品をマウスでドラッグすると移動できます。図形や写真は選択枠の右下に青いが表示されます。 これをハンドルと呼び、ハンドルをマウスでドラッグすると大きさを変更できます(文字にはハンドルは表示されません)。
編集画面内の部品以外の場所をクリックすると選択枠は消えます。
コントロールパネル文字を入力したり、色を変更するなど、部品を編集できます。 編集するには、先に部品をクリックして選択状態にしてください。
部品は非表示にしたり、固定(ロック)することができます。 また、画像を挿入したり、画像へ変換したり、ワードファイルに変換することもできます。

操作方法

1.部品の選択
編集画面上の文字や図形などの部品をクリックすると、赤色の選択枠が表示されます。 選択枠内をドラッグすると、部品を移動させることができます。

図形や写真を選択すると選択枠の右下に青い(ハンドル)が表示されます。 ハンドルをドラッグすると大きさを変更できます。

2.文字、図形の操作
操作名称内容
サイズ文字の大きさを変更します
フォント文字の書体を変更します。フォントはお使いのパソコンに依存します。フォントがインストールされていないと正しく表示されません。
テキスト文字を編集します。
文字や図形の色を変更します。パレットをクリックするか、カラーコード(例:#ff00ff)で指定できます。
縦書きチェックすると文字が縦書きになります。チェックを外すと横書きに戻ります。
非表示チェックすると部品が表示されなくなります。チェックを外すと戻ります。不要な部品を非表示にできます。
ロックチェックすると部品の文字、色、移動、サイズなどが変更できなくなります。誤操作したくない部品に使います。

3.画像の追加

画像を追加するには、参照ボタンを押して画像を選んでください。 追加できる画像は1つまでで、大きさは1,000Kバイトまでです。 2つ目を追加すると前の画像は削除されます。
※なお、追加できるのは画像だけで、文字や図形の追加はできません。また、削除することもできません。

4.画像へ変換

名刺が完成したら「PNG画像」ボタンをクリックしてください。 画面が切り替わり、名刺画像が表示されます。名刺の上で右クリックして画像として保存してください。
なお、画像のサイズを選べます。印刷用には300dpi、メールなどパソコンの画面で表示する分には100dpiをお選びください。
元の編集画面に戻るには、名刺以外の黒い部分をクリックしてください。

5.ワードファイルへ変換

作成した名刺画像をワードに張り付けたワードファイルをダウンロードできます。
「ラベル用紙ワード」ボタンをクリックして保存してください。 ただし、ダウンロードしたファイルを開くにはMicroSoft Word 2007以上が 必要です。
以下のラベル用紙サイズに対応しています。

■ラベル用紙のサイズ
 A4サイズ 10面(2列×5行)
 ラベルサイズ(91mm×55mm)
 上余白11mm,左余白14mm

なお、画像を貼り付けていますので、文字などの修正はできません。
また、印刷は自己責任でお願いします。位置ずれなどの印刷失敗の責任は負いかねます。試し印刷でご確認ください。